「となりのナースエイド」シムネスとは架空の病気?造語の元ネタは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
「となりのナースエイド」 シムネスとは架空の病気?造語の元ネタは?

2024年1月期のドラマ『となりのナースエイド』。

1月17日に放送された第2話では、主人公・桜庭澪の姉の病気が明かされましたが、SNSでは聞き慣れないワードに戸惑った方も多かったようです。

この記事を読んでいる方は、下記のような疑問をお持ちではないでしょうか?

となりのナースエイド第2話最後のセリフ何て言った
シムネスとはどんな病気架空の設定?
造語元ネタは?

この記事を読むことで以下のことがわかります

・『となりのナースエイド』シムネスの意味
・『となりのナースエイド』シムネス造語の元ネタ

あらすじに関するネタバレはありませんので、安心してご覧ください!笑

目次

「となりのナースエイド」第2話の最後のセリフは何て言った?

『となりのナースエイド』第2話の最後のセリフ、何て言ったのか、わからなかった方も多かったようですね。

Xでも、「シムエス?」「シムレス?」と様々な声がありましたが、正解は「シムネス」です。

「シムネス」とは、聞き慣れない言葉ですよね…

専門的な医療用語なのでしょうか?

気になったので、調べてみました。

幻冬舎
¥1,320 (2024/01/18 15:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

「となりのナースエイド」シムネスとは?架空の病気?

結論から言うと、今回出てきた「シムネス」は、架空の病気です。

原作の小説『となりのナースエイド』で作られた病気で、全身にガンが同時多発する「全身性多発性悪性新生物症候群」のことを指します。

5年後の生存率は、なんと0%という、不治の病のようです。

原作の小説も読んでみたい方はこちらから↓

著:知念 実希人
¥792 (2024/01/18 15:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
電子書籍はこちらから

「となりのナースエイド」シムネス造語の元ネタは?

「シムネス」が架空の病気であることはわかりましたが、どのように作られた造語なのか、予想してみました。

「全身性多発性悪性新生物症候群」ということで、似ている下記の英単語を見つけました。

synchronous multiple cancer(同時性多発癌)
※通常は途中に「lung(肺)」「colon(結腸)」など、臓器名が入ることが多いです

上記の頭文字と、病気の「illness(イルネス)」を掛け合わせて、「シムネス」となったのではないかと考えられます。

著:高杉 真宙
¥1,760 (2024/01/18 15:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

ドラマ『となりのナースエイド』第2話の最後のセリフに出てきた「シムネス」について、紹介しました。

「シムネス」とは原作小説で作られた架空の病気で、全身にガンが同時多発し、5年生存率は0%という不治の病です。

手術しても治せない病気と知ったからこそ、お姉さんは亡くなってしまったのかもしれませんね…

今後のドラマの展開も楽しみです!

まだ第一話からドラマを見ていない方も、2024年1月現在、『となりのナースエイド』はHuluで配信されています。

Huluなら、第一話~最終話まで、広告なしで見放題ですよ♪

\全話広告なしで視聴可能!/

※1月18日現在、TVerでも第1話・第2話が見逃し配信されています。

目次